愛宕神社

川越市富士見町 (平成22年2月11日)

東経139度29分41.48秒、北緯35度54分5.31秒に鎮座。

この神社は、川越線・川越駅の南東1km程の辺り、16号線の南側にある古墳の上に鎮座しております。この古墳は、仙波古墳群の一つで「母塚」とも呼ばれ、「父塚」と呼ばれる「浅間神社古墳」から国道16号を挟んだ向かい側に位置し、隣りは仙波河岸史跡公園となっております。

祭神は火産霊命(ほむすびのかみ)で、文禄二年(1593)正月、山城の国(今の京都)の愛宕神社から分霊を奉祭したものと伝えられています。
古来より火伏の神、麻疹の神として信仰されて来ました。麻疹が軽く済むようにと母親が子供を抱いて社殿櫓の下をくぐり抜ける習わしがあります。・・・・
境内由緒書より。全文はこちら。

神社全景

鳥居

参道石段と狛犬

手足が失われていますが、健気にも現役で頑張っています。拡大写真はこちら。

拝殿

本殿

地蔵菩薩開眼と書かれています。愛宕権現の本地仏は勝軍地蔵。今でもお地蔵様が祀られているようです。文禄二年(1593)正月、山城の国(今の京都)の愛宕神社から分霊を・・・と由緒書にありますが、明治以前、山城国愛宕山頂にあったのは、愛宕神社ではなく、愛宕山白雲寺。勧請したのは火産霊命では無く、愛宕大権現=勝軍地蔵だったと思われます。