宮崎県

宮崎県の「宮」は神宮(神社)を意味する宮で、「崎や埼」は突き出た地や先端を意味することが多いが、宮崎の場合は「前(さき)」のことで、「宮前」が語源と思われ、神社の前と言った意味のようです。しかし何処のお宮かについては異説があるようで、宮崎神宮や奈古神社、江田神社等があげられています。いずれにしても、奈良時代に「宮埼郡」と書かれ、平安時代の「和名抄」で宮崎郡と記述されるようになったようです。明治になり、この地に県庁が置かれた為宮崎県となったと言うことです。

古墳の多い土地です。古くから開け、生産力も高く、古代の先進地帯だったのではないでしょうか。神武天皇がこの地から東征に出発されたのも、歴史的事実かと思わせます。そんな神代の時代まで遡る、伝説の宮崎を紹介したいと思います。

西諸県郡・霧島東神社の社殿