宮城県

みちのくの治府として「宮なる城の所在地」から、「宮城」の名が定着したと考えられています。また、県名も古い郡名宮城郡にその根拠を求めていますが、1888年宮城(きゅうじょう)の制が定まったとき、宮城の県名が皇居と同一であるのをはばかった県当局は、とくにその筋の内意を確かめ、その上でこのいわれのある県名を存続させたと伝えられています。

ここ宮城県は、独創的な狛犬がとても多い地域です。そのほんの一部であろうと思われますが、ご紹介したいと思います。

遠刈田温泉、刈田嶺神社の拝殿前の風景。