八幡神社

加賀市篠原新町フ129(平成24年6月3日)

東経136度20分48.43秒、北緯36度21分19.28秒に鎮座。

 この神社は20号線沿い、篠原古戦場実朝塚から約160m程南西に鎮座しています。玉垣で囲まれてはいますが、明るく見晴らしの良い神社で、鳥居の立つ入口左には社号標と手水舎、右には五重石塔が配されています。参道途中に二の鳥居が立ち、その奥に赤い瓦屋根の拝殿、本殿が建立されています。

 御祭神:応神天皇
 祭礼日:不明
 由緒:元八幡社と称し、天保時代の創立と伝えられます。明治初年村社に列格し、同16年八幡神社と改称しました。昭和15年神饌幣帛料供進神社に指定。

社頭
入口に立つ一の台輪鳥居
社号標 鳥居に掛かる額
境内の様子
参道途中に立つ二の明神鳥居 鳥居に掛かる額
入母屋造りの拝殿
拝殿屋根にいる小さな狛犬
拝殿内の様子
流造の本殿
五重石塔