岐阜県

岐阜県は日本のほぼ中央に位置し、武儀郡武儀町には、日本の人口重心があります。全国第7位の広さを誇り、7つの県に囲まれた数少ない内陸県の一つです。岐阜の県名の由来は、岐阜の「岐」は、中国の「岐山」にちなんで付けられています。周の文王はこの山で蜂起し、八百年の太平の基を築きました。岐阜の「阜」は、中国の「曲阜(きょくふ)」にちなんで付けられています。曲阜は、学問の祖、孔子の生まれた地です。 太平と学問の地「岐阜」であれという熱い願いを込めた命名です。織田信長は、その説を生かして城下の井之口村を岐阜町と改め、天下統一の拠点として全国にその名を広めた事は余りにも有名です。なお、「岐阜」という地名は信長が名づける以前から使われていたとも言われており、その由来には諸説があります。(岐阜県公式サイト ぎふポータルより)

    

重要文化財・日吉神社の狛犬(レプリカ)です。