千葉県

明治6年6月17日に木更津県と因幡県が合併し、千葉町に県庁を置いたことから千葉県となる。
千葉という地名の由来は「クズの葉が繁茂する土地」「千葉氏の出自に関連した羽衣伝説」などの諸説があるようだ。